中学・高校での留学は国次第だ

中学・高校時代の留学は、特定の学業を専門的に学ぶというよりは、語学力を身に付けたり、異文化に触れることで見聞を広げるといった側面が大きくなります。

また、中学・高校の学生は年齢的にもまだ自分の価値観が固まっていない段階ですので、その時点でどこの国に留学するのかによって、その後の人格形成に与える影響が、大学生や社会人などの留学に比べて大きくなります。

さらに、防犯や事故などを考えても、特に中学生など若年層ではまだ一定の保護があるほうが望ましい年齢ですので、国選びは慎重に行いたいものです。

中学・高校の留学生の受け入れ実績が豊富な国となると、やはり英語圏がメインになるでしょう。さらに、中学生の場合で親や年上の兄弟が同伴しない場合には、現地で日本語によるサポートが受けられるよう、留学のアシストサービスなどを行っている団体を経由して渡航するほうが安心です。

英語圏について国による違いを考えると、比較的治安の良いオーストラリアやニュージーランドが筆頭に挙げられます。これらの国々には、香港やベトナムといった新興国から中高一貫の学校へ単身留学している人も多く、受け入れにも慣れていると言えます。

アメリカの場合には、都市と地方でかなり事情が異なります。地方であれば安全、とも限りませんので一概には言えません。中学生の受け入れ実績がある学校を個別に検討すると良いでしょう。アメリカは私立の学校も充実していますので、選択肢は多いでしょう。イギリスについては、全寮制の私立の中高一貫校などが中学生には安心でしょう。ただし、現地のイギリス人でこういった学校に入学するのはごく限られた層になりますので、多様な異文化に触れるといった点では他の選択肢に比べると若干期待出来ない可能性はあります。

その他、最近ではシンガポールやフィリピン、マレーシアといった英語を公用語とする国も留学先の候補に挙がるようになっています。これらについては、大人にはメリットもあるのですが、中学生ですと現地でのサポート体制が重要になります。現地に知り合いがいる場合などには検討に値すると言えます。

全体的に、中学・高校の内にある程度長期に留学することは、安全面にさえ配慮すれば、語学の上達も早いですし、異文化に対する柔軟性もあるため、計り知れないメリットがあります。いずれにしても、未成年ですから、ご両親と良く相談して留学先を決定することが重要だと言えます。

今熱いサイト