早いうちから留学はとても貴重なこと

外国へ行くこと自体は、現代ではことさら珍しくなくなっていますが、大人になって初めて海外旅行に行き、カルチャーショックを受けつつも大きな興奮を味わい、物事の考え方が変わったという人は多いものです。そうした体験談で非常に多いのが、もっと早いうちに外国に行っておけばよかった、という感想です。  どういうことかといえば、自分たちが漫然と暮らしているこの日本という国を、外から眺める経験の重要性を指摘しているのです。日本の中にいると当然と思って過ごしている習慣や考え方が、実は世界の中では異質なものだったり、逆に、当たり前すぎてその幸福に気付かないでいることもあるのです。外国に行ってこの点に気づいた人は、帰国してから「日本」という存在を、あるいは「自分」という存在を、世界的な視野から客観視して考える習慣が身に付くことも多いのです。  とかく留学というと、十分な語学力をつけて、明確な学習目的をもたなければ・・・と思いがちです。もちろん大学を出た後の専門的な研究目的であればそうですが、中学生や高校生といった青少年の時期の短期留学の場合、いわばカルチャーショックを受けるというだけでも、留学の意味として十分に貴重な収穫になります。早いうちに短期留学を経験した子どもたちで、その後、外国語系や国際関係の勉強の道に進む傾向が強いのは、単に適性の問題だけでなく、そのカルチャーショックの経験によって、もっと英語の会話能力を伸ばしたいと考える様になるからだといえるでしょう。  一般に日本人は、外国に行くことに慎重になりがちで、行くための準備やら心がまえなどをしっかり身に付けることが求められますが、まず行ってみて、そこから考えることがスタートするというバイタリティは、まさに若い年齢期ならではの潜在能力といえるのです。大人になってからの留学と、まだ好奇心のかたまりの年齢で行く貴重な留学体験。それぞれに得るものは、同じではないのです。